リザーブストックの使い方

リザーブストックの使い方について、質問が多いものをまとめておくブログです。

契約サービスでStripe決済を使うための設定

 

※リザストのアカウント全体とStripeの連携設定がまだの方は、先にこちらの設定を終わらせてください。

 

契約サービスで決済にStripeを使うには、Stipeの決済通知を受け取れるようにしてください。この設定については最初に一度だけ行います。

 

Stripeの決済通知を受け取れるようにする

Step1. リザーブストックでWebhookのURLをコピーする

f:id:h-yano:20200924152802p:plain

リザーブストックで契約サービスを作成後、予め「契約サービスの情報/告知」ページにある「stripe定期支払い受領の設定」のURLをコピーしておいてください。

 

Step2. Stripeでエンドポイントを追加する

f:id:h-yano:20210917060509p:plain

続いてStripeにログインし、下記の手順でエンドポイントを追加します。

  1. メニューから「開発者 → Webhook」の順でクリック
  2. 「エンドポイントを追加」ボタンをクリック

 

Step3. WebhookにエンドポイントURLを設定する

f:id:h-yano:20210917060754p:plain

Webhookエンドポイントの追加画面が表示されたら下記の手順で操作してください。

  1. Step1でコピーしておいたURLを「エンドポイントURL」に貼り付ける

 

Step4. リッスンするイベントの選択



続いて下記の手順でイベントを追加してください。

  1. リッスンするイベントの選択にて「+イベントを選択」をクリック
  2. 送信するイベントの選択にて、必要なイベントを全て選択します(下記追加するイベントを参照)
  3. 最後に青色の「イベントを追加」ボタンをクリック

 

  • 追加するイベント
    • checkout.session.completed
    • invoice.created
    • invoice.payment_succeeded
    • customer.subscription.updated
    • invoice.finalized
    • invoice.upcoming
    • invoice.paid
  • 以下も追加すると支払い失敗と終了を検出できます
    • invoice.payment_failed
    • customer.subscription.deleted

 

以上でStripeでの定期支払いがリザーブストックへ反映されるようになります。

尚、本設定は最初に一度だけ行えば大丈夫です。設定後に別の契約サービスをStripeと連動させたい場合でも、この手順は飛ばしても大丈夫です。

 

リザーブストック に関するお問い合わせは、
管理画面の上部にある「お問合せ」ボタンからお問い合わせをお願いいたします。