リザーブストックの使い方

リザーブストックの使い方について、質問が多いものをまとめておくブログです。

配信済みのメルマガ記事を活用してバックナンバー配信(ステップメール)を行う方法

リザーブストックでは、メルマガ記事を簡単にステップメールに追加することができます。

追加する方法をお伝えする前に、まずメルマガとステップメールの違いについてお伝えします。



メルマガとステップメールの違い

■メルマガ

配信時にメルマガ購読されている人にメールが配信されます。

 

■ステップメール

予め配信するメルマガ記事を準備しておくことで、準備した順番通りに配信されるメルマガです。
いつ購読開始されても1話目から順番に配信されます。

 

 

ステップメール機能を使って、
配信済みのメルマガを自動的に配信する方法

※すでに作成済みのステップメールにメルマガ記事を追加する場合は、STEP2からご参照ください。

SREP1 バックナンバー配信用のステップメールを作成する

f:id:suzukisaki:20190903135532p:plain


タイトルの設定、配信間隔、送信時間を設定します。
ステップメール登録時または終了時に登録するメルマガ・ステップメールがある場合は、設定します。

f:id:suzukisaki:20190903140659p:plain


※読者登録と同時に登録するメルマガ
→ステップメール登録されると同時にメルマガの読者にも追加されます。

※配信終了後に追加するメルマガ/ステップメール
→ステップメールの最後のメールが送られると同時に設定済みのメルマガまたはステップメールの読者として追加されます。

 

STEP2 メルマガ記事一覧の中から、ステップメールに追加したい記事を選ぶ

f:id:suzukisaki:20190903142326p:plain

 

STEP3 ステップメールに追加したい記事のタイトルをクリックし、編集画面で「この記事をステップメールに追加」のボタンをクリックする

f:id:suzukisaki:20190903142426p:plain


STEP4 どのステップメールに追加するか選択し、「追加」ボタンをクリック

f:id:suzukisaki:20190903142642p:plain


STEP5 記事内容を修正する(文字メール・HTMLメール両方)

STEP4で追加ボタンを押すと、記事内容が編集できる画面に移行します。
HTMLメールも文字メールも文章を見直し、修正完了したら保存ボタンを押します。

f:id:suzukisaki:20190903142912p:plain


☆修正の際のワンポイントアドバイス
ステップメールはメルマガと違い、いつ購読開始されるか分かりません。
そのため、下記を含む内容は、削除または修正しておくことが望ましいです。

・季節のあいさつ
あけましておめでとうございます。
メリークリスマス
GWいかがお過ごしですか?
など・・・

・イベントや募集中のメニューや商品のリンクや誰かのイベントの後援メッセージ

(※イベントごとにURLが変わるような告知など)


・バックナンバーURL

→メルマガではバックナンバー読めますが、ステップメールにはバックナンバー機能がないので、URL消してよいです。

 

 STEP6 STEP2~STEP5を繰り返す

 

ステップメールの基本的な仕組み

ステップメールは、配信されるタイミングで次の記事の配信予約が行われます。
配信時に次の記事がない場合は、ステップメールは配信終了となります。

追加で記事を用意した場合でも、【配信終了】のステータスになっている方へは自動的に配信されません。

ステータスは、【読者検索】ページの【登録状況】欄で確認できます。

f:id:suzukisaki:20190903152418p:plain


【配信終了】となっている方へ、追加記事を配信したい場合は、
【ステップ終了者に追加記事を配信】のボタンをクリックしてください。

 

ステップメールの配信順序を変更する方法

ステップメールは、順序欄の上から順番に配信されます。

f:id:suzukisaki:20190903145929p:plain


順序【0】はステップメール登録直後に送信されるメールです。
(HTMLメールは送信できない仕様なため × になっています。)

1通目以降の記事であれば、順序の部分の数字を変更するだけで配信順序の入れ替えが可能です。

 

配信順序入れ替えの際の注意点

ステップメールは、メール配信時に次の記事の配信予約が行われる仕組みになっております。
そのため、次回の配信記事が確定した後で、配信順序が入れ替えられた場合でも確定済みの記事が配信されます。

例えば、このようにA・B・C・Dの4記事用意してあるステップメールで

f:id:suzukisaki:20190903151605p:plain



Dの記事を2番目に変更した場合

f:id:suzukisaki:20190903151456p:plain


(例1)Aの配信が終わってる状態でDが2番目に変更された場合
Aが送信された時点でBの配信予約が行われています。
そのため、Aの次をDに変えたとしても、Bの記事が配信されます。
Bの配信時にはCの配信予約が行われます。
Cが配信されるより前に次の記事が作成されていない場合は、配信終了のステータスとなります。

(例2)Bの配信が終わっている状態でDが2番目に変更された場合
Bが送信された時点でCの記事の配信予約が行われています。
そして、Cが配信される時には、Cが最後の記事になっているので、Cが送信されるとステップメールは【配信終了】となります。
つまり、Dの記事の配信はされずにステップメールの配信が終了します。