リザーブストックの使い方

リザーブストックの使い方について、質問が多いものをまとめておくブログです。

メルマガや案内文のページでPDFを配布する方法

今回は、リザストのメルマガでPDFファイルを配布する方法をご紹介します。


リザストの場合は、添付ファイルとしてではなく
PDFダウンロード用のリンクを貼り付けることで配布可能になります。

★目次★

 

PDFダウンロード用のリンクを取得する方法


下記のような方法があります。

・グーグルドライブにファイルをアップロードして共有リンクを取得
・ドロップボックスにファイルをアップロードして共有リンクを取得
・独自サイト(ワードプレス)などにファイルをアップロードしてそのURLを使用する

 
どの方法でリンクを取得してもPDF配布は可能です。

 

この記事では、
グーグルドライブを活用する方法についてご紹介していきます。

 

 

Googleドライブを使ってPDF共有可能なリンクを取得する方法


STEP-1. グーグルドライブにアクセス

https://drive.google.com/drive/u/0/my-drive


STEP-2.PDFファイルをアップロードする
(右クリック→ファイルをアップロード)

STEP-3.アップロードしたPDFの上にカーソルを合わせた状態で右クリック

STEP-4.「共有可能なリンクを取得」をクリック

f:id:suzukisaki:20180127174352j:plain



この状態の場合
リンクを知っている人全員が閲覧できるリンクが取得できます。

 

共有設定を変更したい場合


設定を変更したい場合は、「共有設定」をクリックします。

下記画面にならない場合は、設定を変更したいPDFファイルの上で
右クリック→「共有」をクリックすることで下記画面になります。

グーグルドライブ




「共有設定」をクリックした画面です。

f:id:suzukisaki:20180127174925j:plain


共有を解除したい場合は「オフ」を選択します。


リンクを知っている人全員ではなく、特定の人とだけ共有したい場合


共有設定の画面で
「オフ」を選択し、共有する方のGmailアドレスを入力して、完了をクリック。

すると、共有相手のGmailに通知が届き共有されます。


こんなシーンで活用できます


・メルマガやステップメール、ファストアンサーでPDFを配布したい場合

・告知記事内でPDFファイルを配布したい時

・自動返信メール内にPDFダウンロードリンクを挿入したい時


まとめ


メールで個別に対応する場合は、添付して送ることが可能ですが、
自動返信メールや一括配信メールなどではファイルの添付ができない場合が多いです。

その場合は、グーグルドライブなどを活用して共有可能なURLを取得し、文章内にURLをリンクとして入れることで配布可能になります。

メルマガや自動返信メールなどでPDFを配布したい場合には上記を参考にしてみてください。