リザーブストックの使い方

リザーブストックの使い方について、質問が多いものをまとめておくブログです。

paypal自動支払いで受領する設定

決済サービス管理機能において、Paypalを使って自動的に支払いを受領するためには、決済通知を受け取るための設定をしなければなりません。設定は簡単です。下記の手順で設定を完了してください。

STEP1

f:id:h-yano:20170916182849j:plain

まずpaypal (https://www.paypal.com) にアクセスします。ログインしたら右上の設定アイコンをクリックして「プロフィール設定」を選択します。

STEP2

f:id:h-yano:20170806024718p:plain

左側のメニューの「販売ツール」を選択し「即時支払い通知」という項目の右端にある「更新」をクリックします。 

STEP3

f:id:h-yano:20170806030952p:plain

「IPNの設定の選択」ボタンをクリックします

STEP4

f:id:h-yano:20170806031011p:plain

「通知URL」のところに下記のURLをコピー&ペースト(貼り付け)で設定してください。URLを貼り付ける際は、URLの先頭や末尾に空白が含まれないよう注意してください。時々これが原因でエラーになることがあります。

https://www.reservestock.jp/api/paypal_ipn_listener

IPNメッセージは「PINメッセージを受信する(有効)」を選択してください。

保存ボタンをおしたら完成です。

この設定を完了しておくと請求書の入金確認が自動化されます。

 

リザーブストックのPayPal連携の設定方法

1. PayPalのアカウントをビジネスアカウントにアップグレードする

f:id:h-yano:20160909222644j:plain

f:id:h-yano:20160909222652j:plain

以下、画面の指示に従ってビジネスアカウントをアップグレードしてください。

最終的にはPayPalから送付されたコードを画面から入力して完了となるはずです。

アップグレード手続きの詳細については、変更になっている箇所があるかもしれませんので、不明な点があればPayPalにお問い合わせいただくのが良いかと思います。

 

2. API証明書の発行

STEP-1

f:id:h-yano:20160909222710j:plain

 

STEP-2

f:id:h-yano:20160909222726j:plain

 

STEP-3

f:id:h-yano:20170412233005j:plain

 

STEP-4

f:id:h-yano:20170412233025j:plain

 

STEP-5

f:id:h-yano:20170412233059j:plain

 

3. リザーブストック側の設定

f:id:h-yano:20160909222832j:plain

トレーサーを使ってサービスに興味のある読者を把握する

リザーブストックのメール機能(メルマガやステップメール、個別の営業メール等)には「トレーサー」と呼ばれる追跡機能があります。

メルマガなどで個人セッションやイベントの案内をする際、トレーサーを利用すると商品やサービスに興味を持ってくれている方を抽出することができます。

 

トレーサーとは何か

トレーサーとは、リザーブストックがそれぞれの読者宛に発行したIDのようなもので、それをリンクに付与することでクリックした方を記録するようになっています。

トレーサーを使うことでリンクをクリックしたお客様が、イベントページや個別セッションの「フォームへの足跡」に一覧表示されますので、

  • 興味があって何度もアクセスしているお客様

を把握することができます。

興味の無い方に商品やサービスを案内すると、案内された方は売り込まれたように感じてしまいます。でも、興味があって検討している状態なら、こちらからコミュニケーションを取ることで、お客様が欲している情報を提供する機会が得られます。

興味を持ってくださっているお客様を把握しコンタクトするために、トレーサーを活用してみてください。


トレーサーの使い方

メルマガやステップメール、個別の営業メールなどで下記のリンクを使っていただければ、送信時に自動的にトレーサー付きのリンクに変換致します。


個別予約ページの場合

((reserve_url))

または

http://www.reservestock.jp/reserve_form/index/@ID@/((proposal_code))

※「@ID@」の部分はアカウント毎に割り当てられた数字になります。


イベントページの場合

イベントページのアドレスの最後に((proposal_code))をつけてください。

例えば、イベントページのアドレスが

の場合、

となります


その他、トレーサーについては、こちらのページもご覧ください(ログインしないと表示されません)。

 

トレーサーのクリック状況の確認

トレーサー付きのリンクを、誰がどのくらいクリックしたかは、主に下記の3カ所で確認することができます。

  • イベントページや個別予約の管理画面から「フォームの足跡」という足跡マークのボタンをクリックする。イベントページや個別予約ページに誰がどのくらいアクセスしたかの一覧が表示されます。
  • メルマガの記事一覧から、開封回数の欄に表示されている「○回」のリンクをクリックする。その記事から誰がどんなリンクをクリックしたかが表示されます。
  • 全顧客リストから顧客情報を表示し、「コンタクト履歴」という足跡マークのボタンをクリックする。その顧客のトレーサーのクリック履歴が表示されます。

iPhoneでHTMLメールのメルマガが読めない場合

iPhoneではキャリアメールを受信するアプリとして、

  • メッセージ(MMS)
  • メール

の2つがあります。このうち、「メッセージアプリ」ではHTMLメールを読むことはできません。タグが直接表示されてしまいます。

ですので、HTMLメールのメルマガを受信する場合は、「メールアプリ」を使っていただく必要がございます

どちらのアプリを使用するかの設定は携帯キャリア毎に異なりますので、下記を参考にしてください。


ソフトバンクの場合

ソフトバンクの場合、自動で

  • 〜@softbank.ne.jpのメールアドレスの場合は「メッセージアプリ」で受信
  • 〜@i.softbank.jpのメールアドレスの場合は「メールアプリ」で受信

となります。

よって、〜@i.softbank.jpのアドレスでメルマガに登録していただければ、問題無くHTMLメールを読むことができます。


auの場合

auではメール受信に使うアプリを設定で変更することができます。詳しくは下記のauのサイトをご覧ください。

www.au.kddi.com


docomoの場合

docomoの場合は、MMS未対応のため、何もしなくてもメールアプリでの受信となります。ですので、HTMLメールでも特に問題無いかと存じます。

 

HTMLメールを送ると文字化けする人がいるけど、どうすればいいか?(2015/5/4版)

リザーブストックのメルマガでは、

  • 写真付きメール(HTMLメール)
  • 文字メール(テキストメール)

の2種類のメールを配信することができます。

 

テキストメールは文字だけの普通のメールなのですが、HTMLメールの場合は、

  • 文字の装飾ができる
  • 写真を挿入できる
  • メールの開封確認ができる

など便利な機能があります。

 

ただ一方で、テキストメールとくらべて比較的新しい規格になりますので、携帯や古いメールソフトなどで上手く表示できず読めないことがあります。では、HTMLメールを使うのを諦めた方がいいかというと、やはり便利なのでもったいないかと思います。

 

ですので、2015/5/4現在のおすすめは手間はかかるのですが、

  • HTMLメールを読める方にはHTMLメールを送信する
  • HTMLメールを読めない方のみにテキストメールを送信する

という配信方法となります。

 

HTMLメールとテキストメールを併用する手順

手順は

  1. HTMLメールが読めない読者のHTMLメール送信可否を「不可能」に設定
  2. HTMLメールとテキストメールの両方を作成してメルマガを配信

となります。詳細は下記をご覧ください。

 

手順1:HTMLメールの送信可否を設定する

HTMLメールを読めない読者の、HTMLメールの送信可否を予め「不可能」に設定します。これで、自動的にHTMLメールの送信対象外になります。

HTMLメールの送信可否の設定方法は、後述の操作方法をご覧ください。

  1. メルマガ、ステップメールの管理画面から「読者一覧」をクリック
  2. 一覧から対象の読者の名前をクリック
  3. HTMLメールの送信可否で「不可能」を選択し保存ボタンをクリック

下記動画も合わせてご覧ください。


HTMLメール送信可否の設定方法(リザーブストックの操作方法) - YouTube

 

手順2:HTMLメールとテキストメールを作成し、配信する

メルマガの記事作成時に「写真付きメール(HTMLメール)」を選択すると、記事の編集画面に

  • 写真付きHTMLメールタブ
  • 文字メールタブ

があります(下記画像)

f:id:h-yano:20150504003000j:plain

写真付きHTMLメールタブでHTMLメールを作成し、文字メールタブで同じ文面のテキストメールを作成します。あとは通常通り配信してください。

 

Macで一括登録すると0件になっちゃうけど、どうすれば?

メルマガ等の一括登録画面に、次のような記述があります。

MACをご利用の場合は改行コードをCR+LFで保存してください。

改行コードって何?何をどうすればいいの?さっぱりわからない。

この記事を読みに来た方は、きっとそう思っているのではないかと思います。

 

まず、少しだけ技術的な解説をします。

コンピューターシステムでは、文章の一行の区切りがどこかを判定するために、改行コードというものを参照しております。人間と違って、コンピュータには「一行の区切りはここですよ!」という印が必要なんですね。

この改行コードのことをCR+LFとか、CRとか、LFと表現します。

ただ厄介なのは、このコードが

  • WindowsはCR+LF
  • MacはLFのみ(またはCRのみ)

といったようにOSごとに異なるところです。


リザーブストックの一括登録機能は、一行分のデータをCR+LFで区切って認識するため、MacCSVを作成すると改行を認識することができません。

そのため改行コードをLF(またはCR)からCR+LFに変換していただく必要がございます。


肝心の変換方法ですが・・・一番簡単なのはWindowsExcelCSVを開いて保存し直すことです。

Windowsパソコンがない場合は、改行コードが変換できるテキスト編集ソフトを利用されると良いかと存じます。

個人的には下記をお勧めします。

 

CotEditorを使った改行コードの変換から、一括登録の具体的な操作方法については、下記の動画をご覧ください。

 

 

複数の場所(例:東京と大阪)での予約受付はどうすればいいの?

東京と大阪のように離れた場所を行き来しながら予約を受け付ける場合の設定について解説します。

この方法はエキスパートプラン以上の場合に使えます(プロフェッショナル版・無料版では使えません)。

 

リザーブストックの予約管理機能は、

  • メニュー(コース)の設定
  • 受付時間の設定

を終えることで利用可能になります。

ただこの場合、受付時間は全てのコースで共有することになるため、

  • 5/1〜5/5 は東京にいるので、「東京用のコース」で予約を受け付けたい
  • 5/6〜5/10 は大阪に移動するので、「大阪用のコース」で予約を受け付けたい

といったケースに対応することができません。

東京用のコースと大阪用のコースで受付時間が共有されているため、東京にいるはずの日時に大阪のお客様が予約できてしまったりするのです。

 

ただ、こういったケースでもエキスパートプラン以上で使える「スタッフ管理」の機能を応用すると、スッキリと対処することが可能です。

設定を終えると、下記のようになります。

f:id:h-yano:20150415204204j:plain

 

設定方法ですが、おおまかに下記の手順となります。

  1. スタッフ管理の「プロバイダ名称」を「セッション場所」に設定する
  2. スタッフとして「東京」と「大阪」を追加する(この際、東京用と大阪用のメールアドレスがそれぞれ必要になります)
  3. 東京用の受付時間と、大阪用の受付時間をそれぞれ設定する

手順の詳細につきましては下記の動画をご覧ください。